産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


安楽死法案を可決 豪ビクトリア州、19年施行

 オーストラリア南東部のビクトリア州議会は29日、安楽死を合法化する法案を可決した。同国の州として初めて、2019年6月に施行される。地元メディアが伝えた。

 昨年、父親を亡くした後、安楽死を支持するようになった同州のアンドリュース首相は「終末期にある人たちに(余命の)支配権を与える日だ」と述べ、歓迎の意向を示した。

 安楽死が認められるのは、同州に少なくとも1年住む18歳以上の末期患者で、一部の例外を除き余命半年以内の宣告を受けている場合に限られる。

 安楽死が認められた場合、可能であれば患者が自分で致死量の薬物を投与するが、不可能な場合は医師による投薬が認められる。使われる薬物は今後、選定される。(共同)

「ニュース」のランキング