産経ニュース

北朝鮮ミサイル発射の兆候 政府が信号を捕捉、不測の事態に備え警戒継続

ニュース 国際

記事詳細

更新


北朝鮮ミサイル発射の兆候 政府が信号を捕捉、不測の事態に備え警戒継続

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長

 米国は今月20日、北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定した。北朝鮮は対抗措置として米国本土を攻撃する能力の保有を誇示する可能性がある。過去2回は射程を抑え、日本海に落下させるにとどめた大陸間弾道ミサイル(ICBM)の「火星14」の発射や、新型ICBM「火星13」を撃つ可能性が指摘されている。

 日米両政府は日本海などへイージス艦を配置し、24時間態勢で警戒にあたっている。中四国4県や北海道函館市には空自の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が展開し、不測の事態に備えている。

関連ニュース

「ニュース」のランキング