産経ニュース

クルド人勢力への武器供与中止か 米トルコ首脳が電話会談 「軍事支援を調整」

ニュース 国際

記事詳細

更新


クルド人勢力への武器供与中止か 米トルコ首脳が電話会談 「軍事支援を調整」

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は24日、トルコのエルドアン大統領と電話会談し、「シリアで米国のパートナーに提供されている軍事支援を調整する」と伝えた。ホワイトハウスが発表した。AP通信によると、トルコ政府は、トランプ氏がシリア北部のクルド人勢力に米国として武器を供与しないと表明したと発表した。

 米国はイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)掃討作戦のため今年5月にシリアのクルド人勢力への武器供与を開始。トルコは同勢力を国内の非合法武装組織「クルド労働者党」(PKK)の分派とみなし、米国の武器供与に反対してきた。

 ホワイトハウスはクルド人勢力への武器供与中止を確認していないが、トランプ氏は、ISが「首都」とみなしてきたシリア北部ラッカが10月に陥落したことで「安定局面」に入りつつあるとの認識を伝えたという。また、両首脳は、トルコが米国から軍装備品を購入することも協議した。

「ニュース」のランキング