産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


エジプトでテロ、235人死亡 武装集団がモスクを襲撃

シナイ半島でのモスク襲撃事件後、会議を開いたエジプトのアブドルファッターフ・シーシー大統領(中央)=11月24日、カイロ(エジプト大統領府提供・AP) シナイ半島でのモスク襲撃事件後、会議を開いたエジプトのアブドルファッターフ・シーシー大統領(中央)=11月24日、カイロ(エジプト大統領府提供・AP)

 【カイロ=佐藤貴生】エジプト北東部のシナイ半島北部アリーシュ近郊で24日、武装集団が爆弾と銃でモスク(イスラム教礼拝所)を襲撃した。235人が死亡し、125人以上が負傷したという。ロイター通信がエジプト国営テレビの情報として伝えた。エジプト政府当局者はテロ事件と断定。エジプトでのイスラム武装勢力による襲撃事件としては過去最悪規模の被害だといい、死傷者数がさらに拡大する可能性もある。

 シナイ半島北部では、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)傘下のグループが活動を続けている。テロ事件がしばしば起きているが、ISが今回の襲撃事件に関与しているかは現時点で明らかでない。

 現場となったのは、アリーシュから西方に約40キロ離れた地区に位置するモスク。AP通信によると、4台の車に分乗した武装集団がモスクを爆弾や銃を使って襲撃。金曜日の集団礼拝のために多くの人々がモスクを訪れていたとみられる。逃げ惑う人々や救急車に銃撃を加えたとの報道もある。

続きを読む

「ニュース」のランキング