産経ニュース

【北朝鮮情勢】北朝鮮テロ支援国家再指定 拉致被害者家族、日本の取り組み求める 米は「テロとの戦い」を世界に明示

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
北朝鮮テロ支援国家再指定 拉致被害者家族、日本の取り組み求める 米は「テロとの戦い」を世界に明示

米政権が北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定したことを受け、取材に応じる拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん=21日午後、埼玉県春日部市 米政権が北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定したことを受け、取材に応じる拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん=21日午後、埼玉県春日部市

 日本政府は独自の取り組みとして国連とは別枠の制裁を科しているが、増元るみ子さん(64)=同(24)=の弟、照明さん(62)は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)への制裁に言及。「解体も含めた朝鮮総連への厳しい対応など、日本に厳格な態度が求められる」と訴えた。

 有本恵子さん(57)=同(23)=の父、明弘さん(89)は「制裁を続けていくことが核開発や拉致問題の交渉を迫る入り口になる」と話した。

 救う会副会長、島田洋一・福井県立大教授は「再指定は『テロとの戦い』を世界に明示し、周辺国にも制裁を含めた厳格な対応を求める意志を鮮明にした。日本は米国と連携し、被害者救出に取り組まなければならない」と訴えた。

関連トピックス

「ニュース」のランキング