産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


前職優勢も決選投票か 19日にチリ大統領選

チリの首都サンティアゴでの集会で、大統領選での支持を訴えるピニェラ前大統領=16日(AP) チリの首都サンティアゴでの集会で、大統領選での支持を訴えるピニェラ前大統領=16日(AP)

 南米チリで19日、中道左派バチェレ大統領の任期満了に伴う大統領選が実施される。8人の候補が乱立する中、各種世論調査では返り咲きを狙う中道右派ピニェラ前大統領が優勢。しかし当選に必要な過半数の票を獲得できず、バチェレ氏の後継候補ギジェル上院議員との上位2者による決選投票に持ち込まれる可能性が指摘されている。

 「継続か変革か」が問われた選挙戦は16日に終了した。現地からの報道によると、首都サンティアゴでの集会でピニェラ氏は「幅広い調和の取れた政治を目指す」と宣言。ギジェル氏は「労働者の権利保護など現政権の政策を推進し続ける」と訴えた。与党は候補者を一本化できず、最新の世論調査結果では首位のピニェラ氏の支持率が約35%、2位のギジェル氏が約15%。決選投票は12月17日に予定される。即日開票され、19日夜(日本時間20日午前)には大勢判明の見通し。(共同)

このニュースの写真

  • 前職優勢も決選投票か 19日にチリ大統領選
  • 前職優勢も決選投票か 19日にチリ大統領選
  • 前職優勢も決選投票か 19日にチリ大統領選
  • 前職優勢も決選投票か 19日にチリ大統領選
  • 前職優勢も決選投票か 19日にチリ大統領選

「ニュース」のランキング