産経ニュース

河野太郎外相、18~20日バングラデシュ訪問を発表 ロヒンギャ難民キャンプを視察予定

ニュース 国際

記事詳細

更新


河野太郎外相、18~20日バングラデシュ訪問を発表 ロヒンギャ難民キャンプを視察予定

記者会見する河野太郎外相=10月20日、首相官邸(斎藤良雄撮影) 記者会見する河野太郎外相=10月20日、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 河野太郎外相は17日の記者会見で、18~20日の日程でバングラデシュを訪問すると発表した。隣国ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害問題をめぐり、アリ外相と会談し対応を協議する。

 滞在中、ハシナ首相とも会談し、北朝鮮に対する圧力強化で協力を求める。ミャンマーからロヒンギャ族が避難している難民キャンプを視察する予定だ。

 河野氏は「(避難民)数十万人が置かれている非常に困難な状況の改善に力を尽したい。また、バングラデシュとミャンマー両国政府がこの問題で対話を始めているので、バックアップしていきたい」と述べた。

 これに関連し、政府は17日、ロヒンギャ難民への食料支援など1500万ドル(約16億5千万円)の緊急無償資金協力を決定した。

「ニュース」のランキング