産経ニュース

【朝鮮半島情勢】米3空母、「朝鮮戦争以来」の半島周辺集結 北朝鮮に威力誇示

ニュース 国際

記事詳細

更新

【朝鮮半島情勢】
米3空母、「朝鮮戦争以来」の半島周辺集結 北朝鮮に威力誇示

上から米空母ニミッツ(米海軍提供)、米空母セオドア・ルーズベルト(米海軍提供)、米空母ロナルド・レーガン 上から米空母ニミッツ(米海軍提供)、米空母セオドア・ルーズベルト(米海軍提供)、米空母ロナルド・レーガン

 米空母3隻が朝鮮半島周辺に集結するのは「朝鮮戦争(1950~53年)以来」(韓国メディア)とされる異例の事態だ。過去の事例との比較から、展開される空母の数は事態の変化を見極める重要な指標の一つとなっている。北朝鮮側は「情勢を最悪の爆発ラインに追い込んでいる」などと強く反発している。

 米軍は現在、空母11隻を保有するが、水上戦闘艦や潜水艦などとともに構成される空母打撃群の同時展開が可能なのは、最大4~5隻程度とされる。その過半数が集結する事態について韓国紙中央日報(電子版)は軍関係者の話として「極めて異例」と指摘した。

 北朝鮮の核・ミサイル開発に伴う米朝間の緊張が最も高まった今年3~4月。軍事衝突の可能性に否定的な立場をとる識者らの主張の根拠の一つは、展開する空母の不足だった。

 当時、北朝鮮は金日成(キム・イルソン)生誕105年や朝鮮人民軍創建85年などの記念日が続き、前後して弾道ミサイル発射実験を繰り返していた。米国はその最中、空母カール・ビンソンが朝鮮半島近海に向かうと公表したが、半島とは反対方向に航行していたことが判明。軍事関係筋は「空母が存在しない状況下での先制攻撃はありえない」と指摘していた。

続きを読む

「ニュース」のランキング