産経ニュース

【北朝鮮情勢】「武力衝突や事前同意のない軍事的行動はあり得ない」 文在寅韓国大統領が演説

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
「武力衝突や事前同意のない軍事的行動はあり得ない」 文在寅韓国大統領が演説

1日、韓国国会で演説する文在寅大統領(共同) 1日、韓国国会で演説する文在寅大統領(共同)

 【ソウル=名村隆寛】韓国の文在寅大統領は1日、国会の施政方針演説で対北朝鮮政策に言及し、「いかなる場合であれ朝鮮半島で武力衝突があってはならない」と強調した。その上で「朝鮮半島で韓国の事前同意のない軍事的行動はあり得ない」と断言した。

 また文氏は「民族の運命は、われわれが決めねばならない。植民や分断のように、われわれの意思に関係なく運命が決められた不幸な歴史は繰り返さない」とも主張した。

 トランプ米大統領の訪韓を7日に控え、文氏は対北軍事行動を選択肢とする米国を牽制したとみられる。同時に、朝鮮半島問題は日米中露など周辺国に干渉されず、南北間で決めるとの考えを示したかたちだ。

 文氏は一方で、「北朝鮮の核保有国としての地位は容認できない。韓国も核を開発、保有はしない」と明言。「制裁や圧力は北朝鮮を正しい選択や対話の場に引き出す手段だ。韓国政府の原則に米国はもちろん国際社会の認識も同じだ」と述べた。

 さらに「北朝鮮の挑発に断固対応すべく圧倒的力の優位を確保し強固な韓米同盟を基に国際社会とも積極的に協力する」と訴えた。

このニュースの写真

  • 「武力衝突や事前同意のない軍事的行動はあり得ない」 文在寅韓国大統領が演説

関連トピックス

「ニュース」のランキング