産経ニュース

【寄稿】多様な気候対策で地球環境の保護を 台湾・行政院環境保護署長 李応元氏

ニュース 国際

記事詳細

更新

【寄稿】
多様な気候対策で地球環境の保護を 台湾・行政院環境保護署長 李応元氏

台湾・行政院環境保護署長 李応元氏 台湾・行政院環境保護署長 李応元氏

 気候変動は人類の健康、生存環境、社会経済の持続可能な発展にとり地球規模の脅威となっている。

 台湾では今年6月、梅雨前線の影響で北部の新北市で9時間の降雨量が615ミリに達した。7月末には2つの台風が続けて襲来し、台湾南端の屏東県佳冬郷で3日間の積算降水量が690ミリにも及んだ。さらに熱波に見舞われた台北市では8月に最高気温37度といった高温日数がこの百年来の観測記録を塗り替えたほどだ。

 台湾は四方を海に囲まれ、気候変動の脅威に直接さらされる。世界の環境対策に呼応して、台湾は「温室効果ガス削減および管理法」(温管法)に基づくガイドラインや排出削減計画の策定、さらにエネルギー、製造、運輸など6分野で排出抑制の取り組みを提案するなど、実に200を超える方法で排出削減を進めている。

 台湾は2025年に再生可能エネルギーの電源比率を20%まで引き上げる方針である。さらに低炭素天然ガス発電を50%とし、石炭火力発電は30%まで引き下げる努力目標を掲げている。

 電気事業法改正でグリーン電力の活用が奨励されている。市民の参加も得て、エネルギー構造の転換を今後も推進し、持続可能な発展を実現していく。金融や人材育成を含めてグリーンエネルギー・テクノロジー産業への支援を強化する。

続きを読む

「ニュース」のランキング