産経ニュース

【カタルーニャ問題】「独立宣言」が招いた孤立…米・EUは中央政府支持

ニュース 国際

記事詳細

更新

【カタルーニャ問題】
「独立宣言」が招いた孤立…米・EUは中央政府支持

バルセロナでは27日、独立反対派がスペイン国旗を掲げ、州議会による「独立宣言」に抗議した(AP) バルセロナでは27日、独立反対派がスペイン国旗を掲げ、州議会による「独立宣言」に抗議した(AP)

 【パリ=三井美奈、ワシントン=加納宏幸】スペイン東部カタルーニャ自治州の州議会による「独立宣言」について、欧州連合(EU)や仏英独など域内主要国は27日、一斉に「認めない」とする立場を打ち出した。米国も、中央政府のラホイ首相への支持を表明。「独立国」を自任する同州は、国際的な孤立を余儀なくされている。

 EUのトゥスク大統領は27日、州議会の「独立宣言」決議の直後、ツイッターで「EUにとって『独立宣言』は意味がない」と発信し、国家として認めない立場を提示した。

 フランスのマクロン大統領も同日、視察先の仏領ギアナで「スペインは法治国家で、法を尊重すべき。ラホイ氏を支持する」と発言した。英首相府も、「一方的な独立宣言は認めない。違法な住民投票に基づくものだ」と強調。ドイツ政府報道官は「独立宣言は認めない」とした上で、中央政府と同州に対話による解決を促した。

 米国務省のナウアート報道官は「カタルーニャはスペインの固有の領土だ」と、独立を支持しない考えを表明。「米国としてスペイン政府が強さと統一を保つためにとる憲法上の手段を支持する」と述べた。

続きを読む

「ニュース」のランキング