産経ニュース

セクハラ疑惑、欧州議会でも 女性議員ら「#MeToo」と訴え

ニュース 国際

記事詳細

更新


セクハラ疑惑、欧州議会でも 女性議員ら「#MeToo」と訴え

25日、フランス東部ストラスブルグの欧州議会で、プラカードを手に自身のセクハラ被害について話す女性議員(中央)=ロイター 25日、フランス東部ストラスブルグの欧州議会で、プラカードを手に自身のセクハラ被害について話す女性議員(中央)=ロイター

 【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)の欧州議会で議員らが関与するセクハラ疑惑が浮上し、同議会が28日までに徹底調査を求める決議を採択した。米大物映画プロデューサー、ワインスタイン氏のセクハラ疑惑の余波が欧州にも広がった形。人権を守る民主主義の中心が舞台だけに衝撃は大きい。

 発端は英紙が最近、欧州議員からセクハラを受けたとする若い女性助手が10人以上いると、証言とともに伝えた報道。エレベーターで2人だけになったり、会議後に後をつけられたりして言い寄られ、体を触られるなどしたとの内容だ。

 ある被害女性は「仕事を失うのが怖く、どこにも報告していない」と説明。24歳の女性助手は「議員はいつでも助手を解雇でき、自分が力を持っていると感じている」と憤りを語った。

 事務局側は被害相談の窓口部署に議員への苦情はなく、職員絡みの問題は処分も含めて対処しているとしたが、別の欧州メディアが独自調査のために立ち上げたサイトには被害申告が続々と寄せられた。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング