産経ニュース

【北朝鮮情勢】露紙 米朝代表が国際会議前日に接触と報道 2人は「長年の友人」とも

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
露紙 米朝代表が国際会議前日に接触と報道 2人は「長年の友人」とも

20日、モスクワで開かれた核不拡散関連の国際会議で演説する北朝鮮外務省の崔善姫北米局長(共同) 20日、モスクワで開かれた核不拡散関連の国際会議で演説する北朝鮮外務省の崔善姫北米局長(共同)

 【モスクワ=黒川信雄】ロシアの有力経済紙コメルサントは24日までに、北朝鮮問題関係者の話として、モスクワで今月20、21日に開催された核不拡散問題を話し合う「モスクワ不拡散会議」本会議に出席した北朝鮮外務省の崔善姫米州局長とシャーマン元米国務次官が、「(会議の)前日に接触していた」と報じた。

 別の関係筋は両者の接触については明言を避けたが、2人は「長年の友人だ」と証言した。この関係筋によると、崔氏とシャーマン氏は19日夜に行われた会議参加者向けのレセプションを、体調悪化を理由に欠席していたという。

 北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐり米朝間の対立が深まるなか、両者が会議に出席する機会を利用して接触を図る可能性が指摘されていた。ただ両者は期間中、「接触の予定はない」と報道陣に繰り返し主張していた。

 同会議には日本から外務省の金杉憲治アジア大洋州局長も出席。金杉氏は北朝鮮代表団と複数回接触し、「(日本側の)メッセージを伝えた」と明らかにしていた。

「ニュース」のランキング