産経ニュース

バリ島火山、13万避難続く 最高警戒レベルから1カ月

ニュース 国際

記事詳細

更新


バリ島火山、13万避難続く 最高警戒レベルから1カ月

噴火の恐れが高まっているインドネシア・バリ島のアグン山=14日(同国政府提供・共同) 噴火の恐れが高まっているインドネシア・バリ島のアグン山=14日(同国政府提供・共同)

 インドネシア・バリ島のアグン山が約半世紀ぶりに噴火する恐れが高まり、政府が噴火警戒レベルを4段階の最高に引き上げてから22日で1カ月。火山活動は当初より落ち着いてきたが、警戒レベル引き下げの見通しは立っていない。約13万3千人が依然、避難生活を強いられている。

 国家災害対策庁によると、今月7日には標高3千メートル超の山頂から約1500メートルの高さまで白煙が上がったが、最近は100~500メートル程度に。最大1日約千回発生した火山性地震も減少傾向にある。同庁は小型無人機「ドローン」を山頂に飛ばして観察を続けている。

 観光への影響が懸念されるが、地元メディアによると、同庁は噴火に備え「アグン山の噴火美」と題する観光キャンペーンを企画。安全地帯に観光客を案内し、噴火の様子を見せる計画という。(共同)

「ニュース」のランキング