産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


朝鮮半島衝突、確率25% 元高官がトランプ氏批判

 オバマ前米政権で中央情報局(CIA)長官を務めたブレナン氏は18日、ニューヨークでのイベントで、米国と北朝鮮の緊張が高まる中、朝鮮半島で軍事衝突が起きる可能性が「ここ数十年間よりも高まっている」と述べ、確率は20~25%だとの見解を示した。米メディアが19日伝えた。

 トランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長と非難の応酬を続けていては、緊張緩和につながらないとブレナン氏は批判。ティラーソン国務長官らが外交的解決を図ることに期待した。

 ブレナン氏はNBCテレビのインタビューで、米朝の緊張は双方に責任があるとしながら「ワシントンからの好戦的なコメントやトランプ氏のツイッターが緊張を高めている」と強調。「韓国と北朝鮮の間で何らかの衝突が起きることを懸念している」と述べた。

 また、トランプ氏は外交経験が浅いため、マティス国防長官ら軍出身の政権高官らが、衝突回避の必要性をトランプ氏に進言するべきだと訴えた。(共同)

「ニュース」のランキング