産経ニュース

【朴槿恵被告公判】「法治の名を借りた政治報復だ」 前大統領が抗議「惨め、すべての名誉失った」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【朴槿恵被告公判】
「法治の名を借りた政治報復だ」 前大統領が抗議「惨め、すべての名誉失った」

ソウル中央地裁に到着した韓国の前大統領、朴槿恵被告=16日、ソウル(AP) ソウル中央地裁に到着した韓国の前大統領、朴槿恵被告=16日、ソウル(AP)

 【ソウル=名村隆寛】巨額の収賄罪などに問われ公判中の前大統領、朴槿恵被告は16日、ソウル中央地裁での公判で、この日が期限だった勾留期間が同地裁の決定で最長6カ月延長されたことに対し「受け入れられない。法治の名を借りた政治報復は私で最後になるよう望む」と批判した。また、朴被告の弁護団7人も「不当なだけでなく不法だ」と勾留延長に抗議し全員が辞任届を提出した。

 朴被告はこれまで公判で「後で話す」と短く話すことはあったが、この日は初めて4分余り陳述した。

 朴被告は「勾留され、週に4回の裁判を受けてきたこの6カ月間は惨めで、全ての名誉と人生を失った」と語った。その上で、「全責任は私に問い、私のために法廷に立った公職者や企業家には寛容(な判決)を願う」と訴えた。

 一方で朴被告は「弁護人も私も無力感を覚えた」とし、弁護団の辞意を明らかにした。さらに、「今後の裁判は裁判所の意向に任せる」とすると同時に、「私は諦めない。いつか真実が明らかになると信じている」と述べた。

続きを読む

「ニュース」のランキング