産経ニュース

米カリフォルニア山火事 スヌーピー作者の自宅焼失、ワイン産地を直撃 死者40人に拡大

ニュース 国際

記事詳細

更新


米カリフォルニア山火事 スヌーピー作者の自宅焼失、ワイン産地を直撃 死者40人に拡大

14日、米カリフォルニア州サンタローザのワイナリー近くで続く山火事。ヘリによる消火活動が行われた(AP) 14日、米カリフォルニア州サンタローザのワイナリー近くで続く山火事。ヘリによる消火活動が行われた(AP)

 【ロサンゼルス=住井亨介】米西部カリフォルニア州の北部を中心に広がった山火事の被害が止まらない。日本人の「ワイン王」が開拓したブドウ園や、スヌーピーの作者として知られた米漫画家、チャールズ・シュルツさんの自宅も焼け落ちた。被害を拡大させている強風はやや収まっているとはいえ、今後再び強まることも予想される。

煙害懸念

 カリフォルニア州は米国のワイン製造業の約9割を占める大産地。中でも、上質なものはナパ、ソノマ郡でつくられているが、今回の火災で多くの醸造所が全焼するなどした。

 焼けたブドウ園は今後3~5年は土地の改良が必要だとされるうえ、焼け残ったところも煙害の影響が懸念されている。煙を吸収した樹木のブドウは味が変わってしまうのだという。

名所次々

 ソノマ郡サンタローザ市にあった「ラウンド・バーン(丸屋根の納屋)」と呼ばれる建物。幕末の薩摩藩留学生で、「ワイン王」と称された長沢鼎(1852~1934年)が開拓に携わったブドウ園にあったが焼け落ちた。中には28の馬小屋があり、地元の名所として親しまれていた。

 米博物館のニュースサイトによると、ブドウ園はもともと米国人宗教家のグループが開いたもので、そこに加わっていた長沢が後に経営を引き継いだ。地元の博物館関係者は「歴史とのつながりが失われた」と肩を落とす。

続きを読む

このニュースの写真

  • 米カリフォルニア山火事 スヌーピー作者の自宅焼失、ワイン産地を直撃 死者40人に拡大
  • 米カリフォルニア山火事 スヌーピー作者の自宅焼失、ワイン産地を直撃 死者40人に拡大

「ニュース」のランキング