産経ニュース

櫻井よしこ氏講演会 11月中旬以降「軍事紛争起きないと担保できない」 米朝関係や中国の脅威説く 

ニュース 国際

記事詳細

更新


櫻井よしこ氏講演会 11月中旬以降「軍事紛争起きないと担保できない」 米朝関係や中国の脅威説く 

米朝の緊張関係の裏で、海洋進出や宇宙開発を着々と進める中国の脅威を説く櫻井よしこさん=14日、福島県白河市 米朝の緊張関係の裏で、海洋進出や宇宙開発を着々と進める中国の脅威を説く櫻井よしこさん=14日、福島県白河市

 ジャーナリストの櫻井よしこ氏を招いた講演会「櫻井よしこの一刀両断」が14日、福島県白河市で開かれた。約300人を前に、櫻井氏は緊張状態が続く米朝関係の背景や、着々と続く中国の海洋進出・宇宙開発の脅威などを解説。今回の衆院選は「日本の行く末を決めるのは国民だ。私たちは今、何をすべきかが、今回の選挙で問われている」と強調した。

 講演会は、郷土を愛する心をはぐくむ活動に取り組む「立教志塾」などでつくる実行委員会が主催で、14回目。産経新聞福島支局などが後援した。

 櫻井氏は、北朝鮮をめぐる米国のさまざまな動きを紹介。トランプ大統領の訪日を含むアジア歴訪が終わる11月中旬以降は「軍事紛争が起きないと担保できるものはない」と語った。

 中国の海洋進出にも言及。北朝鮮の動向に世界中が注目している隙をつき、「途上国の港湾開発に資金援助するなど、世界のシーレーン確保を狙っている」と指摘。「陸と海を守るには空の守りも必要。今の時代、空は宇宙とも言える。中国は開発を進め、真っ先に宇宙を占拠しようともくろんでいる」と説いた。

関連ニュース

「ニュース」のランキング