産経ニュース

【メキシコ地震】がれきの中に「フリーダちゃん」いなかった 必死の救出作業むなしく 「恥ずかしい」「政府の情報操作」と批判次々

ニュース 国際

記事詳細

更新

【メキシコ地震】
がれきの中に「フリーダちゃん」いなかった 必死の救出作業むなしく 「恥ずかしい」「政府の情報操作」と批判次々

19日、地震で倒壊した学校で救助作業をする大勢の人たち=メキシコ市(AP) 19日、地震で倒壊した学校で救助作業をする大勢の人たち=メキシコ市(AP)

 【メキシコ市=加納宏幸】メキシコ中部で発生した地震で崩壊したメキシコ市南部の学校に閉じ込められているとされ、救出作業が続けられていた「フリーダ・ソフィア」という12歳の女児は実在しないことが21日分かった。海軍幹部が、生死を問わずがれきの中に子供はいないと発表。生存情報の火元は救助に当たる海軍当局者だったとされ、メキシコ人は「また政府の情報操作か」とあきれていた。

 エンリケ・レブサメン学校での捜索・救助活動は19日の地震発生から3日目を迎え、救助関係者からの「女児はフリーダ・ソフィアと名乗った」「ホースで水を与えた」「指を動かした」との情報を元に多くのボランティアやメディアが活動を見守った。

 しかし、21日になって同名の女児が存在しないことが分かり、海軍幹部ががれきの中に子供はいないと発表すると、「外国のメディアに知られるのは恥ずかしい話」「メキシコの政府が情報でメディアをコントロールしたり嫌がらせしたりするのはいつものことだ」などの声が出た。一方、ボランティアとして待機した小児科医の女性は(42)は疲れた表情で、「嘘かどうかよりも大事なのは、多くの人が集まって何かを成し遂げようとしたこと」と評価した。

 AP通信がメキシコ政府の情報として伝えたところでは、地震による死者数は273人に増えた。

「ニュース」のランキング