産経ニュース

核兵器禁止条約、署名開始 初日は50カ国 発効に前進

ニュース 国際

記事詳細

更新


核兵器禁止条約、署名開始 初日は50カ国 発効に前進

核兵器禁止条約の署名式で司会を務めた国連軍縮担当上級代表の中満泉事務次長(右)=20日、ニューヨークの国連本部(共同) 核兵器禁止条約の署名式で司会を務めた国連軍縮担当上級代表の中満泉事務次長(右)=20日、ニューヨークの国連本部(共同)

 【ニューヨーク=上塚真由】核兵器の開発、保有、使用などを禁止する「核兵器禁止条約」の署名開始式が20日、国連本部で行われた。署名国数は同日午後(日本時間21日午前)に50カ国に達した。国連事務局が明らかにした。同条約の発効要件は「50カ国の批准」となっており、実現に向けて前進した。

 20日に署名した50カ国のうち、タイ、南米ガイアナ、バチカンの3カ国は国内での批准手続きを終え、同日に批准書を国連に寄託した。同条約は7月の国連会議で122カ国が賛成して採択され、署名国数はさらに増える見通し。ただ、日本や核保有国は参加しておらず、実効性に最大の課題が残る。

「ニュース」のランキング