産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新

【メキシコ地震】
死者60人に 余震の中、続く捜索 

メキシコ南部オアハカ州で、地震により壊れた庁舎でがれきを撤去する兵士=8日(AP) メキシコ南部オアハカ州で、地震により壊れた庁舎でがれきを撤去する兵士=8日(AP)

 【ロサンゼルス=中村将】メキシコ南部沖を震源とする大地震で、被災地の消防当局などは8日、死者が少なくとも60人に上っていることを明らかにした。AP通信などが報じた。被災地ではマグニチュード(M)4・0以上の余震が続いており、当局はさらに強い地震が起きるおそれがあるとして、住民らに避難を呼びかけた。

 AP通信によると、死者の内訳は震源に近い南部チアパス州で12人、オアハカ州45人、タバスコ州3人となっている。隣国グアテマラでも死者が出たと伝えられている。被災地では、倒壊家屋やがれきの中の捜索活動が続いており、犠牲者はさらに増えそうだ。

 米ハワイ州の太平洋津波警報センターによると、チアパス州では高さ1メートルの津波が観測された。

 オアハカ州などの被災地を視察したペニャニエト大統領はツイッターに「ここ100年で最大規模の地震」「最優先にすべきことは水と食糧の補給、それにけが人の治療だ」などと記した。AP通信によると、チアパス州知事は「地震の影響で多くの住宅や学校、病院が被害を受けた」と語った。

「ニュース」のランキング