産経ニュース

未払い分担金めぐり紛糾 第2段階へ 英EU離脱交渉の最大の争点

ニュース 国際

記事詳細

更新


未払い分担金めぐり紛糾 第2段階へ 英EU離脱交渉の最大の争点

 【ロンドン=岡部伸】英国の欧州連合(EU)離脱交渉は、EUが英国に支払いを求める巨額の未払い分担金をめぐり暗礁に乗り上げている。「脅されて支払ってはならない」(フォックス国際貿易相)との英国側に対し、EUも「事態が理解できないなら、英国民を教育する」(バルニエ首席交渉官)と双方とも譲歩の姿勢はみえず、「交渉最後まで議論が続く」(デービス英離脱担当相)と舌戦がヒートアップしている。

 8月末の第3回交渉は、10月までに「第1段階」に道筋をつけ、貿易など将来の関係を協議する「第2段階」に移行する段取りだった。第1段階の重要論点は(1)英国の未払い分担金(2)英国に住むEU市民とEUに住む英国市民の権利保障(3)英領北アイルランドとEU加盟国アイルランドとの国境問題-で、交渉の結果、(2)と(3)は「いくらか進展した」(ロイター通信)。

 だがバルニエ氏は、8月31日、英国が分担金支払いの立場を明確にせず「イライラしている」と漏らし、10月以降、英国が求める通商協議に移ることは困難との見方を示した。これに対し、訪日中のフォックス氏は今月1日、企業は離脱交渉が進まないことに不満を募らせており、「最初の部分(分担金)で一定額を脅されて払うことがあってはならない」と批判した。

続きを読む

「ニュース」のランキング