産経ニュース

【拉致から40年 救出への道筋】拉致問題、軍縮会議でも 衆院特別委、議長と会談

ニュース 国際

記事詳細

更新

【拉致から40年 救出への道筋】
拉致問題、軍縮会議でも 衆院特別委、議長と会談

ジュネーブ軍縮会議の議長と会談後、記者会見する衆院拉致問題特別委員会の城内実委員長(中央)ら=30日、ジュネーブ(共同) ジュネーブ軍縮会議の議長と会談後、記者会見する衆院拉致問題特別委員会の城内実委員長(中央)ら=30日、ジュネーブ(共同)

 衆院拉致問題特別委員会の城内実委員長らメンバー3人は30日、スイス・ジュネーブを訪れ、ジュネーブ軍縮会議のエライス議長(スペイン軍縮大使)と会談、北朝鮮による日本人拉致問題の解決の重要性を強調し、軍縮会議でも取り上げてほしいと要望した。

 会談後に記者会見した城内氏によると、エライス氏は、多国間軍縮交渉の場である軍縮会議では北朝鮮の核・ミサイル問題について議論してきたが、引き続き、拉致問題も含めて取り組みたいと述べたという。

 城内氏は「北朝鮮は軍縮会議のメンバー国。各国が北朝鮮はどういう国であるかを知るには拉致問題を取り上げることは有意義だ」と指摘した。

 3人は城内氏のほか、中山泰秀氏と鷲尾英一郎氏。29日にはベルギー・ブリュッセルを訪問し、欧州議会の対日交流議員団長らと意見交換した。(共同)

「ニュース」のランキング