産経ニュース

米テキサス州洪水、被災地の雨量過去最多に、トランプ大統領が現地視察

ニュース 国際

記事詳細

更新


米テキサス州洪水、被災地の雨量過去最多に、トランプ大統領が現地視察

29日、米テキサス州ヒューストンで、洪水の中、避難する人たち(AP=共同) 29日、米テキサス州ヒューストンで、洪水の中、避難する人たち(AP=共同)

 【ロサンゼルス=中村将】米南部テキサス州を見舞ったハリケーン「ハービー」は、熱帯低気圧に変わった後もメキシコ湾沿岸に停滞し、ヒューストン周辺の雨量が29日、史上最多を記録した。洪水被害が深刻化する中、トランプ米大統領は同日、視察のため被災地を訪れ、アボット州知事から状況説明を受けた。

 トランプ氏は地元当局者に対し、「未曽有の被害だが、みなさんが全力で対応していることを知っている」とねぎらい、「われわれも最高の仕事をしたい」と連邦政府として最善を尽くすことを約束した。トランプ氏はその後、消防署の前で住民らに「みなさんを助けにきた。テキサスはどんなことでも耐えられる」などと語った。

 米国立気象局によると、ヒューストン近郊では、降り始めからの降水量が約1318ミリとなり、1978年の暴風雨で観測された約1219ミリを上回った。

 米メディアによると、洪水などによる死者は少なくとも11人に達した。救助に向かう途中で洪水に巻き込まれた警察官も含まれている。AP通信によれば、1万7000人以上の住民らが避難生活を続けている。

「ニュース」のランキング