産経ニュース

【米韓演習】乙支フリーダムガーディアン始まる 文在寅氏は「緊張高める意図はない」と弁明

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米韓演習】
乙支フリーダムガーディアン始まる 文在寅氏は「緊張高める意図はない」と弁明

米韓軍事演習に関し、「緊張を高める意図はない」と強調した韓国の文在寅大統領(聨合=共同) 米韓軍事演習に関し、「緊張を高める意図はない」と強調した韓国の文在寅大統領(聨合=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】米韓両軍は21日、合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」を開始した。北朝鮮が核・ミサイル攻撃に出る有事を想定、兆候を捉えた際の拠点への攻撃や反撃について、指揮態勢をシミュレーションする演習で、31日まで実施する。

 北朝鮮は米領グアム沖へのミサイル発射計画を保留する姿勢を示しているが、米韓両軍は、北朝鮮が演習に反発して新たな軍事的挑発に出る可能性もあるとみて警戒を維持している。

 韓国軍の約5万人、米軍は海外からの約3千人を含む約1万7500人が参加する。米軍は昨年に比べ、約7500人少ない。

 演習に合わせ、ハリス米太平洋軍司令官やハイテン米戦略軍司令官が訪韓。米国防総省ミサイル防衛局のグリーブス局長も訪韓予定で、米軍の主要指揮官が演習を視察することで、挑発姿勢を強める北朝鮮に断固とした姿勢を示すのが狙いとみられる。

 韓国の文在寅大統領は21日の閣議で、演習は防衛目的であり、「緊張を高める意図は全くない」と強調。北朝鮮の挑発のせいで、米韓が演習を行う「悪循環を繰り返していることを認識すべきだ」と述べ、北朝鮮に挑発の自制を求めた。

続きを読む

「ニュース」のランキング