産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


フィンランド刃物男、テロで捜査、女性標的か

18日、フィンランド南西部トゥルクで、刺傷事件が起きた広場(AP) 18日、フィンランド南西部トゥルクで、刺傷事件が起きた広場(AP)

 【ベルリン=宮下日出男】フィンランド南西部トゥルク中心部で18日、男が通行人らを刃物で襲撃した事件で、捜査当局は19日、拘束された容疑者が18歳のモロッコ国籍の男であり、テロ事件として捜査を始めたと発表した。

 事件では、男が中心部の広場で通行人らを次々と刺し、2人が死亡。負傷者は8人に上った。

 現地からの報道では、男は昨年、フィンランドに入国し、難民保護を申請していた。捜査担当者は19日の記者会見で、死者2人のほか、負傷者6人が女性だったことなどを踏まえ、「特に女性を標的としていた」との見方を示した。

 警察は当初、通常の殺人容疑で捜査したが、新たな情報からテロ殺人に容疑を切り替えた。警察は関係先の家宅捜索を実施。モロッコ人の男4人も拘束し、事件との関係を調べている。

 テロとする根拠は不明だが、フィンランドは6月、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)のテロの標的にされる危険が高まったとして警戒水準を4段階の2番目に引き上げ、警戒を強めている。

 トゥルクはヘルシンキの西約170キロに位置し、中世の街並みが残る古都。

「ニュース」のランキング