産経ニュース

【トランプ政権】トランプ氏の有力側近、バノン首席戦略官が辞任 排外政策進言に批判 ホワイトハウス現実路線に修正か 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
トランプ氏の有力側近、バノン首席戦略官が辞任 排外政策進言に批判 ホワイトハウス現実路線に修正か 

バノン氏(UPI=共同) バノン氏(UPI=共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米ホワイトハウスは18日、トランプ大統領の有力側近だったバノン首席戦略官兼上級顧問が辞任したと発表した。米メディアはバノン氏が解任されたと伝えている。「反グローバル主義」や「米国優先」を掲げる政権随一のイデオローグが退場したことで、トランプ政権は7月末に就任したケリー大統領首席補佐官を軸に「現実路線」への軌道修正を図ることになる。

 サンダース大統領報道官は18日の声明で、今回の辞任について「ケリー氏とバノン氏の合意に基づくものだ」と説明した。

 バノン氏は、16日公表された左派系誌とのインタビューで北朝鮮政策に関し、軍事攻撃の選択肢を維持する政権の方針に反して「軍事的解決策はない」と指摘。また、政権の同僚と「毎日戦っている」と述べ、日頃敵視する投資銀行出身のコーン国家経済会議委員長らをやり玉に挙げた。

 さらに「米国は中国との経済戦争の渦中にある」と表明。国務省で東アジア政策を担当するソーントン次官補代行を解任すると述べるなど、自らに人事の裁量権があるかのような言動まで展開した。

続きを読む

このニュースの写真

  • トランプ氏の有力側近、バノン首席戦略官が辞任 排外政策進言に批判 ホワイトハウス現実路線に修正か 

「ニュース」のランキング