産経ニュース

【バルセロナ暴走テロ】ワゴン車が群衆に突進 13人死亡 銃撃戦で犯人射殺か ISが犯行声明

ニュース 国際

記事詳細

更新

【バルセロナ暴走テロ】
ワゴン車が群衆に突進 13人死亡 銃撃戦で犯人射殺か ISが犯行声明

17日、スペイン北東部バルセロナで歩道に小型トラックが突っ込んだ現場付近の様子(AP) 17日、スペイン北東部バルセロナで歩道に小型トラックが突っ込んだ現場付近の様子(AP)

 【ベルリン=宮下日出男】スペイン北東部バルセロナ中心部で17日午後、車両が群衆に突っ込み、カタルーニャ自治州政府によると、少なくとも13人が死亡し、約100人が負傷した。負傷者のうち15人は重傷。警察当局は関係する男2人を拘束し、テロ事件として捜査している。犯行車両を運転していた人物は逃走。当局が行方を追っているが、ロイター通信によると、警察当局は18日、バルセロナ南西のカンブリスで銃撃戦があり、テロ犯とみられる4人を殺害したと明らかにした。

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)系メディアは同日、事件について「実行者はISの戦士だ」と伝え、事実上の犯行声明を出した。内容の真偽は不明。

 死傷者には外国人の観光客も含まれているとみられ、ベルギー外務省によると同国籍の1人が死亡。在バルセロナ日本領事館によると、日本時間18日朝の時点で、日本人が被害にあったとの情報はないが、確認を急いでいる。

 事件は17日午後5時(日本時間18日午前0時)ごろ、観光客でにぎわうバルセロナ中心部のランブラス通りの歩道を、白色のワゴン車が数百メートルにわたって暴走し、次々と歩行者らをはねた。ジグザグ走行をしていたとの情報もある。

 警察によると、拘束された2容疑者はモロッコ人とスペイン人でテロ後、カタルーニャ自治州内の別々の町で拘束された。スペインのメディアはモロッコ人について20代のドリス・ウカビル容疑者と報道。犯行車両をレンタルしていたとされている。

 バルセロナは世界遺産サグラダ・ファミリア(聖家族教会)などで知られる建築家、ガウディの作品が建ち、世界中から観光客が訪れ、日本人観光客も多い。

このニュースの写真

  • ワゴン車が群衆に突進 13人死亡 銃撃戦で犯人射殺か ISが犯行声明
  • ワゴン車が群衆に突進 13人死亡 銃撃戦で犯人射殺か ISが犯行声明
  • ワゴン車が群衆に突進 13人死亡 銃撃戦で犯人射殺か ISが犯行声明
  • ワゴン車が群衆に突進 13人死亡 銃撃戦で犯人射殺か ISが犯行声明

「ニュース」のランキング