産経ニュース

台湾観光業界、日本に熱視線 中国人激減でシフト ガイド養成など課題

ニュース 国際

記事詳細

更新


台湾観光業界、日本に熱視線 中国人激減でシフト ガイド養成など課題

台北市永康街で目につく日本語表記の看板(田中靖人撮影) 台北市永康街で目につく日本語表記の看板(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】台湾で中国からの観光客が激減し、観光業界が悲鳴を上げている。民主進歩党の蔡英文政権に対する中国政府の圧力の一環で、長期化を予測した業界は、代わって日本や東南アジアからの観光客誘致に力を入れ始めた。中でも中国を除く“最大顧客”の日本人観光客に寄せる期待は大きい。

 交通部(国道交通省に相当)観光局によると、2008年の中国大陸からの旅行解禁以降、中国人の訪台は急増し、15年には418万人と全体の約4割を占めた。だが、昨年5月の蔡政権発足直前から減少に転じ、昨年は350万人に激減。今年はさらに150万人減り、収入減少額は200億台湾元(約740億円)に達するとの報道もある。

 主に打撃を受けているのは、中国人団体客を目当てに急増した中・南部のホテルや観光バス業者とされる。行政院(内閣)は対策として昨年9月以降、300億台湾元(約1100億円)の優遇貸し付けを開始。東南アジア諸国への観光ビザ免除や韓国ドラマの撮影誘致と撮影地ツアーなどで減少分の代替を模索している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 台湾観光業界、日本に熱視線 中国人激減でシフト ガイド養成など課題

「ニュース」のランキング