産経ニュース

【トランプ政権】広報部長更迭のスカラムチ氏、イタリア料理店で語られた危険な内情

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
広報部長更迭のスカラムチ氏、イタリア料理店で語られた危険な内情

スカラムチ氏(ゲッティ=共同) スカラムチ氏(ゲッティ=共同)

 米国には「バンドラー」なる言葉がある。直訳だと「束ねる人」なのだが、大統領選で大口献金の募集に尽力した支援者を指す。応援した候補者が当選すると、バンドラーは見返りとして新政権で幹部職に就くのが慣例だ。

 就任から10日でホワイトハウスの広報部長を退いたスカラムチ氏はトランプ大統領のバンドラーで、欧州の大使に選出される可能性もあった。共和党人脈を駆使し、トランプ氏の当選に尽くした功労者が電撃解任されたのはなぜか? 謎の答えはスカラムチ氏の出自であるウォール街の住人が知っている。

 ニューヨークから北東へ自動車で2時間半。ロングアイランド島の海岸沿いにある避暑地、イースト・ハンプトンのイタリア料理店「D」は、近所に別荘を持つ金持ちが集まる場所として知られている。先週末、「D」に欧米銀行の幹部らが集まった。話題になったのはスカラムチ氏である。

 スカラムチ氏は米銀を経て、米投資会社スカイブリッジ・キャピタルを設立。「D」での会合参加者の多くはスカラムチ氏に不良債権を売るなど取引関係にあったが、「会社を潰したり解雇されたりで、『ビジネスで成功した』とは言い切れないのでは?」と手腕に疑問符をつけていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 広報部長更迭のスカラムチ氏、イタリア料理店で語られた危険な内情

関連ニュース

「ニュース」のランキング