産経ニュース

【トランプ政権】プリーバス大統領首席補佐官を更迭 後任にケリー氏、「私の政権の真のスターだ」トランプ家が後押し

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
プリーバス大統領首席補佐官を更迭 後任にケリー氏、「私の政権の真のスターだ」トランプ家が後押し

1月、ホワイトハウスで宣誓し、トランプ大統領(左)に背中をたたかれるプリーバス氏(ロイター) 1月、ホワイトハウスで宣誓し、トランプ大統領(左)に背中をたたかれるプリーバス氏(ロイター)

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は28日、プリーバス大統領首席補佐官を更迭し、後任にケリー国土安全保障長官を起用したと発表した。トランプ政権発足以来、フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、スパイサー前大統領報道官など辞任・解任が相次いでいる。プリーバス氏はホワイトハウスのスタッフを統括する首席補佐官として混乱の責任を取らされたとみられる。

 トランプ氏はツイッターで「ケリー氏の首席補佐官への指名をお知らせすることをうれしく思う。私の政権の真のスターだ」とケリー氏を持ち上げた。プリーバス氏は「大統領から特別な機会を与えていただいたことに感謝したい。引き続き大統領の政策の力強い支持者として奉仕する」との声明を発表した。

 首席補佐官はホワイトハウスと議会や各省庁の調整に当たる政権の要で、大統領が信頼する人物を充てることが多い。プリーバス氏は共和党全国委員長として大統領候補指名争いで中立を保ったが、トランプ氏は「外様」ながらもプリーバス氏の豊富な人脈や議会側との調整に期待した。

 しかし、トランプ氏が最近起用したスカラムチ広報部長は、メディアに政権内部の情報を漏らした主犯がプリーバス氏だと決めつけ、「情報漏洩(ろうえい)をしたのなら、彼はすぐに辞任を求められるだろう」「プリーバス氏はとんでもない偏執症だ」と批判していた。

続きを読む

「ニュース」のランキング