産経ニュース

“慈善組織”が北京で大規模抗議集会 法輪功以来か、「安定優先」の習政権に打撃

ニュース 国際

記事詳細

更新


“慈善組織”が北京で大規模抗議集会 法輪功以来か、「安定優先」の習政権に打撃

抗議集会へ向かう道路を封鎖する警察官に、寝転がって抗議する人(中央)=24日、北京(共同) 抗議集会へ向かう道路を封鎖する警察官に、寝転がって抗議する人(中央)=24日、北京(共同)

 【北京=藤本欣也】中国深セン市の慈善組織と称する「善心匯」のメンバーらが24日、代表らの釈放などを求めて北京市内で抗議集会を強行、香港メディアは、中国で非合法化された気功集団「法輪功」以来の大規模抗議集会に発展したと報じた。

 今秋の中国共産党大会を前に、「安定維持」が最優先の政策課題となっている習近平指導部にとって大きな失点となった。

 善心匯は慈善活動のために資金を集めているとされるが、当局は今月下旬、実態はねずみ講であるとして代表ら幹部を拘束、摘発に乗り出した。

 メンバーらはこの日、北京市内の最高人民検察院などに集結し、幹部の釈放を求める幕を掲げるなど抗議活動を行った。善心匯側は6万人が参加したとしている。23日には天安門広場でも座り込みをしたという。

 法輪功は1999年、党首脳らが執務する北京の中南海周辺で、政府の規制に抗議する1万人規模の座り込みを実施。当時の江沢民政権に衝撃を与えた。

このニュースの写真

  • “慈善組織”が北京で大規模抗議集会 法輪功以来か、「安定優先」の習政権に打撃
  • “慈善組織”が北京で大規模抗議集会 法輪功以来か、「安定優先」の習政権に打撃
  • “慈善組織”が北京で大規模抗議集会 法輪功以来か、「安定優先」の習政権に打撃
  • “慈善組織”が北京で大規模抗議集会 法輪功以来か、「安定優先」の習政権に打撃

「ニュース」のランキング