産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


カブールで自動車爆弾自爆テロ 24人死亡

24日、アフガニスタン・カブールで起きた自爆テロの現場を調べる治安当局者ら(ゲッティ=共同) 24日、アフガニスタン・カブールで起きた自爆テロの現場を調べる治安当局者ら(ゲッティ=共同)

 【ニューデリー=岩田智雄】アフガニスタンの首都カブールで24日朝、自動車爆弾による自爆テロがあり、内務省報道官によると、少なくとも市民24人が死亡、42人が負傷した。死者は35人との報道もあり、犠牲者が増える恐れもある。イスラム原理主義勢力タリバンが犯行声明を出した。

 タリバンの広報担当者は、国家保安局(NDS)の職員が乗った小型バスを標的にしたとしている。内務省によると、15の商店と車両3台も損害を受けた。

 現場はカブール西部にあるイスラム教シーア派指導者の少数派民族ハザラ人、ムハンマド・モハケク副行政長官の自宅付近だった。

 カブールでは、タリバンやイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)のテロが続発しており、アフガンでは今年上半期で1662人の市民がテロや戦闘で死亡している。

このニュースの写真

  • カブールで自動車爆弾自爆テロ 24人死亡
  • カブールで自動車爆弾自爆テロ 24人死亡

「ニュース」のランキング