産経ニュース

消息不明だった天安門事件の「戦車男」が近く出所か 香港紙が友人の証言を報道

ニュース 国際

記事詳細

更新


消息不明だった天安門事件の「戦車男」が近く出所か 香港紙が友人の証言を報道

1989年6月、北京の天安門広場に近い長安街で戦車の前に立ちはだかる男性(ロイター) 1989年6月、北京の天安門広場に近い長安街で戦車の前に立ちはだかる男性(ロイター)

 【北京=西見由章】1989年6月に中国の民主化運動が武力鎮圧された天安門事件で、戦車の前に立ちはだかる姿が世界に配信されながら、その後の消息が謎に包まれていた男性について、香港紙の蘋果日報は21日までに、男性の名前が「張為民」で、天津の刑務所から近く出所するとの友人の証言を報じた。

 同紙によると、男性は当時24歳で、事件後に無期懲役判決を受けた。減刑され仮釈放されたものの約2年前に再び収監されたという。

 北京市郊外の刑務所で一緒に服役していたという男性が証言した。

 男性は「無名の反逆者」「戦車男」などと呼ばれ、一部欧米メディアが「19歳の学生で名前は王維林」と報じたこともあった。

関連ニュース

「ニュース」のランキング