産経ニュース

【抜け穴だらけの対北制裁】「コリアン」自称、東南アジア社会に浸透

ニュース 国際

記事詳細

更新

【抜け穴だらけの対北制裁】
「コリアン」自称、東南アジア社会に浸透

 東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国は、北朝鮮と国交があり、歴史的に友好を維持してきた。だが、今年2月、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害される事件が発生。起訴された女2人もインドネシアとベトナム国籍で、北朝鮮工作員が、この地域で活発に行動している実態が再確認された。

 マレーシアは、北朝鮮への報復に、ビザ(査証)免除措置の中止や大使の国外追放を打ち出したが、断交には踏み込まなかった。北朝鮮人のビジネスに関わってきた与党幹部らもおり、「本気で怒らせるとまた何をするか分からない」(政府幹部)と配慮する。

 一部メディアは今月、マレーシア政府が北朝鮮人への労働許可証発給中止を決めたと報じたが、ザヒド副首相兼内相は否定した。東部サラワク州などでは、炭鉱などで多くの北朝鮮人労働者が集団で外貨を稼いできた。締め出せば圧力となるが、同州は労働行政の自治権を持つなど複雑だ。

 東南アジアでは、「コリアン」と自称する北朝鮮人が韓国人と混同され、企業や社会に浸透している。

 シンガポールでは2014年、キューバから武器を積み込んだ北朝鮮の船がパナマで拿捕された事件に関与したとして、シンガポールの運送会社や経営者が起訴(後に罰金刑)された。ただ摘発は氷山の一角で、国境管理の甘さなどを突いた密輸の抜け道は多く、各地にある北朝鮮系レストランなどが、秘密会合の場にもなっていると指摘される。(シンガポール 吉村英輝)

「ニュース」のランキング