産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


露のビザ緩和、ウラジオで中旬に導入試験へ

 ロシア極東発展省は6日、ウラジオストクの空港などから入国する外国人の入国査証(ビザ)取得手続きの簡素化に関連し、今月中旬から新制度導入に向けた試験を始めると発表した。

 新制度は8月1日開始予定で、対象となるのは、日本や北朝鮮、中国など18カ国の国民。ビジネスや観光などの目的で、8日間まで滞在できる。極東への外国投資やビジネス交流、旅行者の増加が狙い。

 ウラジオストクの空港と港に7月中旬、事前申請したビザの取得場所を設置する。極東のサハリン州、ハバロフスク地方などでも今後、同様の制度を導入する計画。(共同)

「ニュース」のランキング