産経ニュース

中国、劉暁波氏の国外治療を拒絶 支援者、病状悪化は「“謀殺”の可能性」

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国、劉暁波氏の国外治療を拒絶 支援者、病状悪化は「“謀殺”の可能性」

病院で治療を受けるノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏(左)と、刑務所長に適切な治療を受けていると話す劉暁波氏の映像=29日、北京(AP) 病院で治療を受けるノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏(左)と、刑務所長に適切な治療を受けていると話す劉暁波氏の映像=29日、北京(AP)

 インターネット上では28日ごろ、劉氏が刑務所内で健診を受ける様子などをまとめた約3分間の動画が投稿された。当局側が編集、公表したとみられる。

 当局側による一連の“情報公開”は、劉氏に適切な治療を受けさせず病状を悪化させたとの国内外の批判をかわすのが目的だ。

 ただ劉氏の支援者は「当局がいうように完全な検査が行われていたならば、肝臓がんの兆候は早期に検出できたはずだ」と指摘。「末期の肝臓がんが突然判明するということは理屈に合わない。少なくとも職務怠慢であり、謀殺の可能性もある」と不信感をあらわにした。

このニュースの写真

  • 中国、劉暁波氏の国外治療を拒絶 支援者、病状悪化は「“謀殺”の可能性」
  • 中国、劉暁波氏の国外治療を拒絶 支援者、病状悪化は「“謀殺”の可能性」

「ニュース」のランキング