産経ニュース

【文在寅研究】米韓軍事同盟の縮小を意図しているのか 対北の融和姿勢目立ち、米メディアから突っ込まれる

ニュース 国際

記事詳細

更新

【文在寅研究】
米韓軍事同盟の縮小を意図しているのか 対北の融和姿勢目立ち、米メディアから突っ込まれる

韓国の文在寅大統領 韓国の文在寅大統領

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が30日、米ワシントンでトランプ大統領との初の首脳会談に臨む。最大の焦点は北朝鮮をめぐる協議の行方だ。米大学生、オットー・ワームビア氏の死亡で対北世論が硬化した米国に対し、文政権は平昌五輪の共催案をはじめ、大統領自身が核凍結→核廃棄の「2段階論」案を発表するなど融和姿勢が顕著だ。韓国は米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備を留保しているほか、文大統領が軍事同盟の要である戦時作戦統制権について「適切な時期に韓国に取り戻す」と宣言するなど同盟縮小を意図しているようにみえる。

 訪米を前に複数の米メディアの取材に応じた文大統領は、その発言に対北融和をにじませていた。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の人物評を突っ込まれ、「彼は合理的な人間ではない」と述べたものの批判はせず、「彼は体制を守りたがっているのだ。核プログラムでハッタリを言っている」などとして5回にわたった核実験で大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載の小型化を目指してきた北朝鮮の核脅威への認識の甘さを露呈させた。

 核問題の「凍結→廃棄」を目指すという「2段階論」では、「北朝鮮が交渉のテーブルに出てくるなら彼らを助ける用意があるというメッセージを出す必要がある」などと述べ、まず見返りありきを強調した。

続きを読む

「ニュース」のランキング