産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


中印が部隊の越境で非難合戦 関係悪化を象徴

 【ニューデリー=岩田智雄】インドと中国がそれぞれ、相手国治安部隊が両国境界を越えて自国に侵入したと非難する事態になっている。インド側はこれまで、中国人民解放軍の越境にたびたび抗議してきたが、中国が同様の反応を見せるのは異例で、最近の中印関係の悪化を象徴した状況といえそうだ。

 インド治安筋が産経新聞に明らかにしたところでは、印北東部シッキム州で今月24日、インドの塹壕(ざんごう)2カ所が破壊されているのが見つかった。PTI通信が当局者の話として伝えたところによると、中国軍が今月初め、両国境界付近でインド軍とにらみ合いとなった後、越境して破壊した。

 一方、PTIによれば、中国外務省報道官は26日、インド国境警備部隊が越境して中国軍の通常の活動を妨害し、インドに撤収を求めたと発表した。27日には、正式に抗議を行った。

 中国は、かつて独立国家とみなしていたシッキム州を2003年にインド領と認めたが、中印の国境画定は一部で終わっていない。

「ニュース」のランキング