産経ニュース

パナマと国交の中国、海運の要衝に布石 国有企業が運河沿い土地権獲得狙う 対米牽制の狙いも

ニュース 国際

記事詳細

更新


パナマと国交の中国、海運の要衝に布石 国有企業が運河沿い土地権獲得狙う 対米牽制の狙いも

共同記者会見で握手を交わすパナマのサインマロ副大統領兼外相(左)と中国の王毅外相=13日、北京(共同) 共同記者会見で握手を交わすパナマのサインマロ副大統領兼外相(左)と中国の王毅外相=13日、北京(共同)

 【北京=西見由章】中国がパナマとの国交を樹立した背景には、台湾の蔡英文政権への圧力に加えて、世界的な物流拠点への投資を通じて自国の権益拡大を図る狙いもある。中国の国有企業はパナマ運河沿いの広大な土地の使用権獲得を狙っているとされ、米国などは中南米での中国の影響力拡大を警戒している。

 「歴史的な瞬間だ」。中国の王毅外相は13日、パナマのサインマロ副大統領兼外相と北京で開いた共同会見で“外交勝利”を誇示した。台湾と国交がある国のうち「最も影響力のある国の一つ」(環球時報)のパナマに断交を実現させた高揚感がにじむ。王氏は同時に貿易や投資、海事などの分野でパナマと協力を深める姿勢を強調した。

 中国はパナマ運河の発着国別の通過貨物量が米国に次ぐ2位の“得意客”だ。2016年6月に開かれた新運河の開通式では、中国国有の海運大手、中国遠洋運輸集団のコンテナ船が第1号の通航船となった。

続きを読む

このニュースの写真

  • パナマと国交の中国、海運の要衝に布石 国有企業が運河沿い土地権獲得狙う 対米牽制の狙いも

「ニュース」のランキング