産経ニュース

【トランプ政権】「トランプ政権が嘘をついている」 露疑惑でコミーFBI前長官が証言 司法妨害有無「私は判断しない」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
「トランプ政権が嘘をついている」 露疑惑でコミーFBI前長官が証言 司法妨害有無「私は判断しない」

8日、米上院情報特別委員会の公聴会で宣誓するFBIのコミー前長官(AP) 8日、米上院情報特別委員会の公聴会で宣誓するFBIのコミー前長官(AP)

 【ワシントン=加納宏幸】ロシアの米大統領選干渉疑惑“ロシアゲート”を調査している上院情報特別委員会は8日、公聴会を開き、連邦捜査局(FBI)のコミー前長官がトランプ米大統領から疑惑捜査の一部を中止するよう圧力をかけられたと証言した。5月9日にトランプ氏から解任された後、公の場で発言するのは初めて。コミー氏は自らの解任に関し、トランプ政権が「嘘をついている」と強調した。

 露疑惑はモラー特別検察官が捜査を統括し、大統領選のトランプ陣営が露政府と共謀したかや、トランプ氏の行為が司法妨害なのかが焦点。ロシアの干渉に「疑いはない」と述べた。

 コミー氏はトランプ氏と2月に会った際に、フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の捜査を中止するよう求められたことを「指示と受け止めた」としたが、トランプ氏から疑惑そのものの捜査中止を求められたことはないと述べた。司法妨害の有無は「モラー氏が決める」とした。

 また、コミー氏は、トランプ政権がFBIの組織が混乱に陥っていると説明することで「私を中傷しようとしていた」と指摘した。

 コミー氏は証言に先立ち準備書面を提出。9回トランプ氏と対話したと確認、5回分のやり取りを明かした。対話のメモを作ったのは「トランプ氏が嘘を言う懸念」からと証言した。

続きを読む

「ニュース」のランキング