産経ニュース

イラン国会とホメイニ廟で襲撃事件 12人殺害、ISが犯行声明

ニュース 国際

記事詳細

更新


イラン国会とホメイニ廟で襲撃事件 12人殺害、ISが犯行声明

7日、イランの首都テヘラン郊外のホメイニ廟に展開した警察官(AP) 7日、イランの首都テヘラン郊外のホメイニ廟に展開した警察官(AP)

 【エルサレム=佐藤貴生】イランの首都テヘラン中心部の国会議事堂と郊外のホメイニ廟で7日午前、複数の犯行グループによる同時多発的な襲撃事件が起きた。ロイター通信などによると、少なくとも12人が殺害され、多数の負傷者が出ているもようだ。治安当局は実行犯を射殺するなど完全制圧した。

 イラン政府は、襲撃事件を「テロ攻撃」と断定した。また、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)は同日、系列ニュースサイトを通じて犯行声明を出した。

 議事堂では自動小銃などで武装した集団が侵入し、銃を乱射。少なくとも警備担当者1人が死亡し、犯人のうち1人が自爆したとの情報がある。それから約30分後に国会から数キロ離れたホメイニ廟でも襲撃事件が発生した。

 イラン政府は、3件目の襲撃事件を計画していたテログループを拘束したと明らかにした。イランはイスラム教シーア派の大国で、これまで国内でテロの発生が比較的少なかった。

 日本政府筋は7日、イランでおきた一連の襲撃事件に関し「現時点で邦人の被害はない」と述べた。

このニュースの写真

  • イラン国会とホメイニ廟で襲撃事件 12人殺害、ISが犯行声明
  • イラン国会とホメイニ廟で襲撃事件 12人殺害、ISが犯行声明
  • イラン国会とホメイニ廟で襲撃事件 12人殺害、ISが犯行声明

「ニュース」のランキング