産経ニュース

【天安門事件28年】学生指導者だった王丹氏 「歴史ではなく現在進行形」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【天安門事件28年】
学生指導者だった王丹氏 「歴史ではなく現在進行形」

4日、台北市内で講演する王丹氏(田中靖人撮影) 4日、台北市内で講演する王丹氏(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】天安門事件の学生指導者、王丹氏(48)は4日、台北市内で講演し、「28年前の事件が中国社会に与えた影響は今日まで続いており、将来の民主化の契機にもなる。歴史ではなく現在進行形であり、未来の変数でもある」と述べた。

 王氏は、活動拠点を約8年間過ごした台湾からワシントンに移し、中国の民主化を支援するシンクタンクの設立を目指している。この日は、渡米時期を7月とした上で、事件で「政治犯」とされた人々やその家族を支援する基金を設立する考えも明らかにした。

 中国の民主化の見通しについて、中国共産党が自ら改革に乗り出す可能性は「ない」と悲観的な見方を示したが、海外留学生らが自由な社会を体験することで「時期が来れば成果は花咲く」と期待も示した。

 王氏は一方で、台湾社会で中国の民主化運動への関心が「非常に少なく失望した」とも述べた。若年層で「台湾人意識」の高まりが見られる半面、「台湾のために戦う」という意識が低いことにも「叫ぶだけでは『台湾独立』は不可能。歴史上、生命の対価を支払わずに独立した民族はない」と強調した。

続きを読む

「ニュース」のランキング