産経ニュース

【米パリ協定離脱】不公平性に強い不満 中国を名指し 「中国は望み通りにできるのに米国はできない」オバマ氏らは離脱に反発

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米パリ協定離脱】
不公平性に強い不満 中国を名指し 「中国は望み通りにできるのに米国はできない」オバマ氏らは離脱に反発

1日、ホワイトハウスで地球温暖化防止の枠組み「パリ協定」からの離脱を表明するトランプ米大統領(ロイター) 1日、ホワイトハウスで地球温暖化防止の枠組み「パリ協定」からの離脱を表明するトランプ米大統領(ロイター)

 【ワシントン=小雲規生】トランプ米大統領がパリ協定離脱を表明したのは、世界最大の温室効果ガス排出国である中国の取り組みが不十分で、「協定は不公平」だという強い不満があるためだ。離脱表明への失望は米国内でも強く、パリ協定を主導したオバマ前大統領や企業トップらが反発している。

 トランプ氏は声明で「中国は今後13年も望み通りのことをできるのに米国はできない」と主張した。

 中国は国内総生産(GDP)当たりの二酸化炭素排出量を2030年までに05年比で60~65%削減すると約束しているが、中国の経済成長が今後も続くことを考えれば、事実上、中国の排出量は増加を続ける公算が大きい。

 途上国による気候変動対策支援のために作られた緑の気候基金(GCF)もやり玉にあげた。米国は基金の総額の3割にあたる30億ドル(約3300億円)の拠出を約束しているが、途上国と位置づけられる中国の負担はゼロ。トランプ氏は「米国に投資されるべき数十億ドルが米国から工場や雇用を奪っている国に送られている」と主張した。

続きを読む

「ニュース」のランキング