産経ニュース

【石平のChina Watch】割り込みに激高、相手をナイフで刺す…、家まで行って人を刺す 注目を集める中国人の「路怒症」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【石平のChina Watch】
割り込みに激高、相手をナイフで刺す…、家まで行って人を刺す 注目を集める中国人の「路怒症」

交通渋滞する北京市内。トラブルも多発している (中山玲子撮影) 交通渋滞する北京市内。トラブルも多発している (中山玲子撮影)

 中国では今、車の数が急速に増えている。先日、当局が発表した数字によると、全国で保有される自動車の台数は3億台を超え、世界有数の車大国になっている。

 それに従って、大気汚染や交通渋滞など、車社会ならではの諸問題が起きており、最近では「路怒症」と称される問題が注目を集めている。

 「路怒症」とは文字通り、「道路で怒り出す症候群」という意味である。あおり運転などでトラブルが起きると、どちらかのドライバー、あるいは両方がキレて相手との衝突を起こす。中国の場合、そのキレ方も衝突の激しさも並々ならぬものがある。

 例えば今年4月5日、江蘇省昆山市の道路で傷害事件が起きた。その経緯はこうである。

 2人の男が乗用車で鉄道の駅へ急ぐ途中、渋滞の中で前方に1台のトラックが横から割り込んできた。それに怒った乗用車のドライバーが信号で停止中に車から飛び出しトラック運転手と口論の末、用意していたナイフで相手を刺した。幸い、致命傷にはならなかったが、この程度のことで人を刺すとはまさに驚きの出来事である。

続きを読む

「ニュース」のランキング