産経ニュース

「日本企業とシリコンバレーを結ぶ架け橋になりたい」 ITで日米協力進めるNPO 日系2世・スタンフォード大名誉教授の熱い思い

ニュース 国際

記事詳細

更新


「日本企業とシリコンバレーを結ぶ架け橋になりたい」 ITで日米協力進めるNPO 日系2世・スタンフォード大名誉教授の熱い思い

NPO「SVJP(シリコンバレー・ジャパン・プラットフォーム)」を設立したダニエル・オキモト教授=東京都千代田区(荻窪佳撮影) NPO「SVJP(シリコンバレー・ジャパン・プラットフォーム)」を設立したダニエル・オキモト教授=東京都千代田区(荻窪佳撮影)

 世界のIT産業の集積地である米シリコンバレーと日本企業のつながりを深めるため、現地の日系人が中心となりNPO(民間非営利団体)を立ち上げた。シリコンバレーでは多くの日系人が活躍しているが、高い技術力を持つ日本企業と力を合わせれば、激しい戦いが繰り広げられているIT産業で日米が相互に競争力を高められるという思いからだ。NPOの共同議長を務めるスタンフォード大名誉教授のダニエル・オキモト氏(74)は「日本企業とシリコンバレーを結ぶ懸け橋になりたい」と訴える。

 NPO「シリコンバレー・ジャパン・プラットフォーム」(SVJP)は昨年8月に発足した。シリコンバレーで成功したベンチャー企業創業者や、アップルやグーグルといった世界的IT企業関係者ら約85人が会員に名を連ねる。その半数超が日系人で、個人の利益を顧みずに活動に加わっている。

 「日本の卓越したハードウエア(機器)と、活力あるシリコンバレーのソフトウエアが団結すべきだ」

 オキモト氏が目指すのは、ITで日米の連携を拡大、深めることにより世界で存在感を増すことだ。

 シリコンバレーにはグーグルなどソフト分野を席巻するIT企業が多く集まるが、日本には電子機器・部品などのハード分野で強みを持つ企業が目立つ。現在、ビッグデータやIoT(モノのインターネット)の拡大など、IT業界は変革期を迎えているが、両者が手を携えれば「相互補完性と相乗効果があると強く信じている」。

続きを読む

「ニュース」のランキング