産経ニュース

【歴史戦】元徴用工らへ賠償実現を 韓国最高裁判断5年で集会

ニュース 国際

記事詳細

更新

【歴史戦】
元徴用工らへ賠償実現を 韓国最高裁判断5年で集会

ソウルの韓国国会で開かれた集会で話す元朝鮮女子勤労挺身隊員の女性ら=30日(共同) ソウルの韓国国会で開かれた集会で話す元朝鮮女子勤労挺身隊員の女性ら=30日(共同)

 日本の植民地支配に絡む韓国人の個人請求権は1965年の日韓請求権協定では消滅していないとの判断を韓国最高裁が2012年に出してから5年を迎えたのを機に、元徴用工らが30日、ソウルの韓国国会で集会を開き、この判断を基にした賠償支払いの実現を司法や文在寅政権に求めた。

 最高裁での再上告審で12年の判断が再確認されれば、両国間の大きな課題となる。原告側弁護士は集会で、日韓が折り合える解決策として、両国政府と企業が財団を設立し被害者らに賠償を行う方法を提案した。

 集会では、朝鮮女子勤労挺身隊員として機械メーカー「不二越」(富山市)の軍需工場で働かされた李福実さん(85)が「文政権は慰安婦問題だけでなく、私たちの問題も必ず政策に反映させてほしい」と訴えた。(共同)

このニュースの写真

  • 元徴用工らへ賠償実現を 韓国最高裁判断5年で集会
  • 元徴用工らへ賠償実現を 韓国最高裁判断5年で集会

関連ニュース

「ニュース」のランキング