産経ニュース

韓国警察が突然、高圧放水自制を表明 デモ鎮圧で、疑念の声も

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国警察が突然、高圧放水自制を表明 デモ鎮圧で、疑念の声も

警察の高圧放水に狙われ、逃げ惑うデモ隊のメンバーら=2015年11月、ソウル(共同) 警察の高圧放水に狙われ、逃げ惑うデモ隊のメンバーら=2015年11月、ソウル(共同)

 韓国警察が、内外の批判をはねつけて続け、死者も出たデモ鎮圧目的の高圧放水を自制する姿勢を突然表明した。人権重視を掲げる文在寅新政権にすり寄る態度を見せたが、実際に使用をやめるのかとの疑念の声も出ている。

 警察庁が27日、新政権を補佐する国政企画諮問委員会に「今後集会の現場に原則的に放水車を配置しない」と表明した。

 警察は李明博、朴槿恵両政権で、デモの参加者が大統領府へ接近するのを阻むため機動隊のバスを並べ「壁」を構築。このバスを移動させようとするデモ隊に、炎症を起こす催涙剤も混ぜた水を高圧で噴射してきた。

 2015年5月には、旅客船セウォル号沈没事故の原因究明を求めようとした犠牲者遺族も狙い撃ちに。同年11月には農業政策に抗議した農業、白南己さんが放水に打たれて地面に頭を打ち付け意識不明となり、昨年9月に死亡した。(共同)

 

このニュースの写真

  • 韓国警察が突然、高圧放水自制を表明 デモ鎮圧で、疑念の声も

「ニュース」のランキング