産経ニュース

【トランプ政権】米が初のICBM迎撃実験 北朝鮮の脅威にらみ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
米が初のICBM迎撃実験 北朝鮮の脅威にらみ

2014年6月の迎撃実験で発射された地上配備型迎撃ミサイル(GBI)=米国防総省ミサイル防衛局提供・共同 2014年6月の迎撃実験で発射された地上配備型迎撃ミサイル(GBI)=米国防総省ミサイル防衛局提供・共同

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省のミサイル防衛局は26日、今月30日に太平洋上空で初の大陸間弾道ミサイル(ICBM)迎撃実験を実施すると発表した。北朝鮮は米本土に到達可能なICBMの開発を加速化させているとされ、迎撃実験は北朝鮮の脅威をにらんでミサイル防衛技術の信頼性の確立を急ぐ狙いがある。

 ミサイル防衛局によると、実験では太平洋のマーシャル諸島クエゼリン環礁にある「レーガン実験場」からICBMに模した標的を発射し、米西海岸カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地から地上配備型迎撃ミサイル(GBI)を発射して迎撃する。

 GBIを使ったミサイル迎撃実験は1999年以来計17回行われているが、最近の成功例である2014年6月の実験を含め9回しか成功していない。

 GBIはアラスカのフォート・グリーリー基地に32基、バンデンバーグに4基が配備されている。国防総省によれば今年末までに8基を増強する予定。

「ニュース」のランキング