産経ニュース

中国による邦人拘束、また外交カード化か 党大会控え日米安保・台湾で牽制

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国による邦人拘束、また外交カード化か 党大会控え日米安保・台湾で牽制

「一帯一路」をテーマにした国際会議が行われる会場のプレスセンターに映し出された中国の習近平国家主席=12日、北京(共同) 「一帯一路」をテーマにした国際会議が行われる会場のプレスセンターに映し出された中国の習近平国家主席=12日、北京(共同)

 【北京=藤本欣也】中国で日本人6人が拘束された事件をめぐり、中国当局による政治利用が目的との見方が浮上している。今年後半に中国共産党大会を控え、習近平指導部は外交面での失点は許されないだけに、台湾など核心的利益に関わる問題で日本を牽制(けんせい)しておくのが狙いというものだ。北京の外交関係者は「習指導部が拘束者を“外交カード”として保持し利用すると見ておいた方がいい」と指摘している。

 拘束された6人のうち4人は地質調査会社の社員。3月に山東省と海南省で温泉開発の地質調査を行っていた。容疑は不明だが、スパイ行為などの国家安全危害容疑の可能性がある。

 今回の事件との類似性が指摘されるのが、2010年9月、準大手ゼネコン「フジタ」(東京都渋谷区)の社員4人が河北省石家荘市で拘束された事件だ。4人は旧日本軍の遺棄化学兵器関連事業の入札に参加するため、下見をしていたところを拘束された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国による邦人拘束、また外交カード化か 党大会控え日米安保・台湾で牽制

「ニュース」のランキング